急性期(発生して日が浅い痛み)の改善について

急性期の特徴

急性期とは、過去に経験のない初めての症状のことを言います。


組織はダメージを受けると、

ダメージを受け続ける時間的長さや衝撃の度合いにより、
細胞レベルまでの変異を起こす場合がありますが、

そのダメージは急性期にはそこまで及んでいないと思われます。


薬や注射や危険な整体技術を使わずに回復に必要な期間は、
通常1~3ヶ月と予想されます。


患部に対する対症療法だけで解決する場合が多いです。


▼主な対象症状

ギックリ腰、単なる腰痛(足に症状がない)、寝ちがえ、
交通事故や外傷によるムチウチ症、
外傷による捻挫、打撲、骨折、人体の損傷など

kyuusei1


あなたは、あなた自身の自然治癒能力の高さに驚くことでしょう。

私達は、あなたの能力を最大限に引き出す
世界で唯一の技術を持っています。


大切なこと

痛いところが原因とは限らないのです。

例えば明らかな外傷は別としても、
膝が痛いとすれば、姿勢が原因かもしれません。
腰痛はもしかすると冷え性が原因かもしれません。

原因を除去しなければ、必ず再発します。

ページ上部へ戻る