慢性期(持病化してしまった不調)の改善について

慢性期の特徴

慢性期の症状の原因となる背景は、
ほとんどが生活習慣の中の悪習慣に根ざしています。

例えば、糖尿病や高血圧には、
運動不足などの慢性的な原因が潜んでいます。


投薬などでは慢性的原因を
排除または改善できないので効果が期待できません。


痛みや不快感のほとんどが、慢性的にとなっています。
そのダメージは細胞レベルまで
悪影響を及ぼしているケースが少なくなりません。



▼主な対象症状

永年の頭痛、肩こり、腰痛、慢性膝関節炎、
椎間板ヘルニアによる手足のしびれ
坐骨神経痛、狭窄症、高血圧、低血圧、
糖尿病など、慢性病全般

mansei2


慢性病から開放される

多くの方が生活習慣の改善に成功。

・糖尿病の投薬が必要なくなった。
・神経痛が完全に消滅した。
・腰痛がまったく発生しなくなった。
・10年以上改善しなかった疲労感がとれた。

mansei1


生活習慣を改善するお手伝いの30年もの実績があります。

独自のケアプログラムは各セラピーで実施されます。

糖尿病の方を指導して投薬の必要がなくなったり、
坐骨神経痛や椎間板ヘルニアの改善や予防に
関する独自ケアプログラムには多くの方から賞賛を得ています。

ページ上部へ戻る