背骨の構造と位置

背骨全体は、

頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個、
それと、仙骨と腸骨で構成されています。

sebone-kozou-left
正中面での正常な位置は、

頭蓋骨を基準とし、後ろから見ると垂直に位置し、

骨盤や仙骨の基底部は水平、
大腿骨・骨頭の位置も水平なので、

両足の長さもほぼ同じ長さです。

seityumen-seijo

歩けないような激しい腰痛の症状でお困りの方は、

この正中面での歪みは著明なはずですが、

いかがでしょうか?

seityumen-ijo
次に、真横から脊柱を観察してみると、
正常な背骨は頭蓋骨に対して真っ直ぐな垂直ではありません。

生理的湾曲という3つの機能的カーブを形成し、
うまく重力を軽減出来る仕組みになっています。

もし、この矢状面での正常椎骨を
維持している方がいらっしゃいましたら、
腰痛や肩こりを全く経験されていないかもしれません。

なぜならば、重量の負担が少ないため、
体がリラックス状態にあるからなのです。

sijomen-seijo
背骨の各部位を見ていくと、

正常な頚椎は錐体の全映が
半径17cmの円周上に位置し、

胸椎は半径21cmの円周上、
腰椎は半径19cmの円周上、
骨盤は軽度全景を呈しています。

keitsui-seijo
kyotsui-seijo  yotsui-seijo  kotuban-seijo
全体的には、耳と足のくるぶしが垂直に位置し、
ひざがまっすぐに伸びているのが矢状面での正常です。

しかし、加齢や運動不足などによる筋力の低下により、

人間の体は時間とともに少しずつ重力に押しつぶされた
異常姿勢に変化していきます。

この右図の姿勢はご覧のとおり、

首や肩、腰や膝に重力の負担を創りだしてしまい、
長期間の放置は重篤な症状を引き出す原因となります。

人体にはガスが漏れたら警報機がなるのと同じような
危機管理システムがあり、何らのストレスが働くと、
当然、ストレスによる反応が起こります。

sijomen-ijo
一番分かりやすい反応は、筋肉の緊張です。

筋肉が緊張すれば違和感やこり、だるさ、重さから始まり、
やがては我慢できない痛みやしびれにエスカレートしていきます。

 

ですから、ストレスや疲労の蓄積は、
皆様にとって損失を与えても利益にはならないことが、
もうお分かりですね。